キャッテリーねこ森

猫の飼育環境について


ここでは猫にとって理想的な飼育環境について考えてみたいと思います。

1,猫にとって理想的な室温、湿度とは?
猫にとっての一般的な適温は25度〜28度と言われています。また適湿は40〜60%です。
しかし、猫により個体差があるので理想的な適温、適湿を見つけてあげることが重要だと思います。
ただ、中々それも難しいと思うので前記の温度25〜28、湿度40〜60であれば通常は問題無いとも言えます。個人的には湿度は夏以外は加湿器を用いて60%以上に保つようにしてもよいかと思います。(夏の高湿は逆に熱中症の原因となり危険です。) 特に鼻が短い猫種(アメショー、スコティッシュ、ペルシャなど)は乾燥
していると鼻での呼吸の通りが悪くなり涙の原因にもなります。また猫にとって脅威の病気、伝染性腹膜炎(FIP)の原因となるコロナウィルスも乾燥には強いようです。
温度についても冬場は寒くなり風邪の原因となり、夏は暑くなりすぎて熱中症の原因となる為、人為的にでも調整してあげる必要があります。そう考えると野良猫は強いなぁとますます実感します。(現実には真冬に凍死してしまう野良も多いようですが・・・)
夜と昼間の気温差が大きい時期も体調を非常に崩しやすい為、特に子猫においては注意が必要です。

2、猫の生活部屋について